交通事故と肩こり

もう10年ほどまえに私は交通事故に遭った。

歩道を歩いていると突然私の右側から軽自動車が突っ込んできたのである。

体の右側に車があたり、倒れこんだ。

 

その時に右肩を捻ってしまったようで、事故当日より次の日のほうが肩が痛む。

最初は湿布を毎日貼り、そして整形外科でリハビリ。

マッサージもしてもらった。

 

3カ月ほど整形外科に通ったが、肩はすっきりせず。

でも生活には支障がないので病院に通うことをやめた。

病院にも完治という状態にはならないと言われ・・・。

 

それから少しして私は経理事務の仕事を始めた。

毎日電卓で数字をたたき、もちろんパソコンで行う業務もある。

すぐに肩の痛みに襲われた。

手が震えて字が書けなくなる日もあった。

 

このままではいけないと思い、自分なりに肩を回したり、ヨガをしたりしてなんとか乗り越えている。
でも根本的に治していない為、年齢を重ねるにつれ肩の痛みがひどくなるのではないかと心配である。

今病院に行ってもきっと「四十肩」と言われるだけだろうな。

 

肩コリにはお風呂が一番

たかが肩コリですが、放置していると黙って座っているのも辛いほどになります。

改まった席で、つい肩に手が行ってしまい、行儀が悪いと叱られたこともありました。

 

周囲を見回してみると、男性よりも女性が肩コリ持ちの方が多いような気がします。

女性は男性に比べて首を支える筋肉が弱いので、肩がこりやすいと聞いたことがあります。

子どもは頭でっかちで筋肉も細いと思いますが、何時間も下を向いてゲームしていても肩コリを訴えることはないですね。

やっぱり若さでしょうか。

 

肩がガチガチに固まった時、マッサージしてもらうと天にも昇る心地よさです。

湿布も即効性がありますね。

今の湿布は匂いもあまりしないので、時々使用しています。

 

でも、マッサージや湿布よりも一番効果があるのはお風呂ですね。

温かいお風呂に入って全身の血行を良くすると、肩コリが芯からほぐれていくようです。

今日はゆっくりお風呂に入るぞ、と決めて、ぬるめのお風呂にどっぷりと浸かると、ストレス解消にもなります。

 

月に1回は、マッサージに行っています。

私は、25歳の主婦です。

パートの仕事と育児の両立に毎日、疲労困憊な状況です。

我慢できなくなると、子供を旦那に任せてマッサージを月に1回受けています。

子供の頃から肩こりに悩まされていて、酷いときには吐き気と頭痛まで起こることもあります。

毎日お風呂上りに湿布を貼って寝ていますが、なかなか改善されません。

 

何回か整形外科に行ったこともあるのですが、湿布を出されるだけなので、最近は行っていません。

祖母が病院に行くたびに湿布を貰ってくるので、それを拝借させてもらっています。

旦那が気分の良いときは、たまにマッサージしてくれることもありますが、月に1回あるかどうかです。

 

製造業なので立ちっぱなしの仕事なのが、肩こりの原因かなと思っています。

以前テレビの番組で、ストレッチをすると肩こりに良いと聞いたので、実践をしていますが、あまり効果は見られない気がします。

やはり私の肩こりには、湿布とマッサージしかなさそうです。

毎日体を酷使しているので仕方ないとは思いますが、そうしたときの子供の抱っこは本当に勘弁して欲しいです。

 

もしも願いが叶うのであれば…

もしも一つだけ身体の一部の悩みが改善されるならば…。

私は迷いもなく「肩こり」を改善してほしいと答えます。

 

小学生の事からパソコンを駆使し、ホームページやメルマガなどを執筆していました。

いわば、パソコンは友達です。

そこから視力の低下がはじまりました。

それと同時に肩こりという感覚を小学生にして感じてしまったのです。

 

肩こりを放置しておくと頭痛にまでなります。

頭が重いイコール肩も重いです。

とても悩んでいるのですが未だにこれといった解決方法は見つかっていません。

 

現在もスマートフォンの普及により肩こりの悪化、タブレット出現により読書での肩こり悪化。

仕事上の事務作業もパソコンがないとできないことばかりで悪化の一途を辿る一方です。

これから現代社会は肩こりに悩まされる方が増え続けると思います。

 

自分なりの改善策としてはなりふり構わず肩を回してみたり、朝起きたときにラジオ体操をする等くらいしか思いつきません。

もし、なにかいい案があれば教えて欲しいくらいです。

肩の取り外しができたらどんなに良いことでしょうか。
現代人で肩こりがない人が稀に居ますが、その人を身体を一日交代させてもらいたいくらい羨ましいです。

 

OLになってから今まで肩こりに悩んでいる

私の父親は、私が子供のころに小さなクリーニング屋をやっていました。

そのころにアイロンを使って1日に100枚以上のYシャツを仕上げたと言って自慢しているときがありました。

 

でもそういう日に限って、「肩こりで肩が痛い」と言っていたのを覚えています。

子供の私に肩こりってなんだろと、疑問に思っていました。

きっと大人の病気だなと感じていました。

 

でも高校で簿記の資格をとって、大手の企業の経理の仕事をするようになってから、私も肩こりになるようになりました。

18歳でかなりの肩こりでした。

そのころは今のようにパソコンなどありませんでしたから、手作業の事務が多かったのです。

兎に角仕事の量が多かったです。

 

結婚してから派遣社員で経理の仕事に就きましたが、やはり肩こりになっていました。

私は結婚して環境が変わったのも肩こりがひどくなった原因だと思っています。

結婚したころは、近所の接骨院に行ってマッサージを受けていました。

現在も会計事務所に勤務してますが、肩こりは続いてます。