デスクワークをしていた頃のひどい肩凝り

私が会社勤めをしていた頃の話です。
会社では住宅の設計を担当していて、朝8時に出社し、基本は17時が終業時間でしたが、遅い時は21時22時頃まで残業する日もありました。
プランを考えている時間以外は基本的にパソコン画面とにらめっこ。
同じ体勢で画面を凝視しているので、目も疲れ肩もいつもガチガチの状態でした。

 

行きつけの整骨院ももちろんありました。
仕事帰りに駆け込む事も多かったですね。
その仕事をしていた約八年間は慢性的な肩凝りに悩まされ続けていました。

 

実家に住んでいて、マッサージチェアがあったのですが、残業から帰ってきて整骨院も閉まっていた時には耐え切れず…食事をとるのも忘れてひたすらマッサージタイム、あのチェアにはとても助けられました。

 

そんなしつこかった肩凝りてしたが、仕事を辞めた途端ピタッとおさまりました。
よほど体に負担になっていたんだなと辞めた後しみじみと実感しました。
今専業主婦をしていますが、ほどよく体を動かしながらの生活だからか、肩凝りとは無縁になりました。