肩こりがあまりにつらくて泣きました

私は娘を出産後、肩こりに悩まされることが多くなりました。

たしかに、子どもを抱っこすることが多く、最初の子ということもあり慣れない抱き方を長時間するわけですから、体全体にコリを感じるようになりました。

 

その中でも肩がパンパンになっているという自覚がありました。

最初は湿布を貼るなど出来る範囲の対策をしていました。

ただ、湿布を毎日貼ると、肌が弱い私はかぶれてしまうようになり、湿布は使えなくなりました。

 

整体にいってみても、その時はいいのですが、揉みかえしと言うのでしょうか?

後でかえって痛みがぶりかえしてくるのです。

これではそれなりの料金を払ったのに意味がないなと感じました。

肩こりを感じるたびに、ストレッチをしたりしても効果がなく、その内鎮痛剤をよく飲むようになりました。

 

鎮痛剤を飲むとウソのように痛みがとれます。

でもそれは、鎮痛剤が効いている間です。時間が立てばまた肩こりの不快な症状は出てきてしまいます。

 

さらに、肩こりから後頭部部分が痛みという頭痛にも悩まされるようになりました。
そうなるといつも痛みでつらいので、段々と不機嫌な自分がいることに気が付きました。

あまりの痛みに一人でしくしく泣いたこともあります。

 

これじゃいけないと思い、夫のすすめもあって鍼灸の治療を受けてみることにしました。

鍼、お灸というと痛い、熱いというネガティブなイメージしかなかったのですが、実際行って見ると、すごくリラックスできて痛いことはありませんでした。

お灸もプロの方がするわけですから、最初はとてもマイルドな温かい感じで熱い!!!ってことはありません。

 

そして鍼灸は私にあっていたのでしょう。すごく痛みが改善されて

今では月に2度、鍼灸をすることによって肩こりとうまく付き合えるようになりました。