自分でおこなう肩こり解消法法

小学校高学年生から、実は肩こりに悩まされています。

成長が早かったせいもあるのでしょうけれど、小学校高学年生にして現在の身長ほどありました。

そこからはほとんど伸びなかったのですが。

 

それで、姿勢をやや前のめりにしてしまうクセもあって、早いうちから肩こりに悩んでいたのです。

また、私の母も万年肩こりを患っていましたので、よく二人して肩のもみあっこをしていました。

ですから、肩こりに関しては、そこそこに年期が入っています。

小学生にして、肩こりをほぐすためには、肩の真ん中ではなく、「首の付け根や骨のそばを押すといい」ということを心得ていましたね。

 

大学生になってからは、肩こり解消のために、足つぼにもこり始めて、今でも職場の人に指導出来るほどの腕前はあります。

意外に思う人もいるかも知れませんが、肩こり解消には足つぼも効くのですよ。

自分で肩をもむことはなかなか難しいことですから、私は足つぼにより血行を良くして、肩こり解消をはかっています。